節約大国オランダに学ぶ。節約には目的と計画を。何のためにいくら貯めるのか。

節約大国、オランダに学ぶ

世界の節約について、調べていくとよく目にするのは”オランダ”の存在です。
周囲の国々から、その国民性を「ケチ」と言われることもあるほどのようです。
「オランダ 節約」で検索すると、たくさんの情報がヒットします。

調べれば調べるほど、とめどなく出てきますが、かんたんに3つほど

1. 食事はとにかく質素

オランダ人は「生きるために食べる」「食事は味を楽しむものではなく空腹を満たすためのもの」というマインドがあるようで、食事は質素でお金をかけないことが基本です。ほとんど外食をすることはなく、朝食・昼食は、お腹が空いたら、パンを食べる程度。夕食は温野菜と肉または魚というのがスタンダードなようです。

2. あまり電気はつけない

多少薄暗くても大丈夫です。それがスタンダードになれば目が慣れてくるといいます。(個人的には明るい生活をしたい・・・)

3. 服装にお金をかけない

靴下に穴が相手も使い続けるということでも有名ですが、普段からあまり服装にお金をかけない傾向があるようです。

オランダの人はなぜ節約するのか

オランダの人は節約の結果、たくさんのお金を持ったまま死んでいくのでしょうか。
オランダの人はなぜそこまでして節約するのか、それには理由があるのです。

オランダの人は、節約して貯めたお金を住空間やリフレッシュに使います。

オランダの人は家具にかけるお金は周辺各国よりも多いようです。また、年平均で3回ほどは家族でバカンスに行くそうです。

オランダに学ぶ。節約には目的と計画を。

やはり、節約においても“何のために、いくら貯めるのか”を明確にすることが大切です。

オランダではバカンスという目的があってこそ、ストイックな節約生活ができるものだと筆者は考えます。
日本でも驚くほど質素な生活をおくりながら、趣味に多額を費やしている方はいらっしゃいいます。

“なんとなく”の節約はなかなか続きません。

なかには”漠然とした将来への不安”での節約の方もいるでしょう。
それであれば、いくらあれば安心なのかを考える必要があります。

目的をもって、いつまでにいくら貯めるのかを決めて、節約生活を頑張ってみるといいと思います。

参考にしたページ
https://matome.naver.jp/odai/2138269283155097101
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1252559827
https://tilrin.com/netherlands-miser/
https://www.apamanshop.com/column/post-40292/