本当に自分への投資??見栄っ張り浪費に注意!!

自分への投資は無駄遣いの宝庫

欲しいものがあるときに”自分への投資だ!”と言って、高い買い物をしてしまったことが、過去にありませんか。私はあります。

振り返ってみると、その出費は本当に”自分への投資”になっているのでしょうか?

仕事の道具で、自分への投資をする人は多いと思います。5万円-10万円と、ときには更に高額なものを買ってしまいます。

その金額を節約で捻出するのは、とても大変です。

人間は自分の行動を肯定してしまう

人間は自分の悪い行動を認めることができず、どうしても肯定してしまいます。
そのため、本当のところでは、投資なのか、それとも浪費なのかを判断することができないまま、欲望に負けてしまうことがあります。

自分への投資か、見栄っ張り浪費か

正確に判断することは非常に難しいです。私たちは、どうにか理由付けをして、”自分への投資”にしてしまうのです。

必ずしも正確な判断はできませんが、以下の方法で、買う前に考え直すというのをしてみることをおすすめします。

1. それは他人から見えるものか

他人から見えないもの、例えば、講習会や勉強会などであれば、見栄っ張りである可能性は低いです。
ただ、今はSNSに投稿することで、見えないものが見えるようになっている時代です。
それに、せっかく頑張ったのなら、だれかに見てもらいたいという気持ちがあることも理解できます。

2. 一般的な浪費にあてはまらないか、確認する

一般的な浪費は、スーツ・腕時計・靴・自動車など、一般的な浪費にあてはまらないかを確認してみましょう。

3. 代替手段との比較をして、友人にプレゼンする

たとえばMacが欲しかったら、ASUSなど低価格帯のPCとの比較をして、Macが必要な理由を友人にプレゼンします。
友人はこの際、ASUSで事足りるという視点を持って聞いてもらいます。

このプロセスで、だいたいのものが不要だという実感を持てます。

4. 疑わしきは、買わない!

見栄っ張り浪費である可能性を少しでも感じたら、買わないという選択肢もありでしょう。

コラム

Posted by カタ